1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 18:56:20.50 ID:dZDBlS1i0
提督「ん?これは手紙か?あ、本部からの通達か」

提督「なになに、えーっと、練度が高い艦とケッコンカッコカリをしろと…」

提督「まじかよ…これやらなきゃダメなのかな」

提督「はぁ…困ったものだ…誰とやればいいのやら…おれ絶対嫌われてるもんなぁ」

提督「見なかったことにしよう」

島風「しっつれいしまーす!」

提督「お?島風か?なんだ?」

島風「提督ー!暇だしかけっこしようよ!」

提督「かけっこ?今仕事中だから後でな」

島風「むぅー!あ、提督、その紙何?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 18:57:10.27 ID:dZDBlS1i0
提督「紙?これか?」

島風「うんっ!」

提督「これは…えと、本部からの通達かな」

島風「なんて書いてあるの?」

提督「んー、なんだろうね…」

島風「気になるじゃん!教えてよ!」

提督「ハハハ…これは重要機密事項なのd…っておい!取るな!返せ!」

島風「提督遅いもーん!」

提督「このクソガキめ…」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 18:59:22.04 ID:dZDBlS1i0
島風「……」

提督「どした?」

島風「提督って、誰とするの?」

提督「誰とでもいいだろ、つか返せよそれ」

島風「誰とするか教えて」

提督「秘密」

島風「教えて」

提督「えー」

島風「教えてよ!!!!!」

提督「うおっ、どうしたんだよ急に」

島風「教えてくれないの?」

提督「ぶっちゃけする相手いなくて困ってるところ、この命令見なかったことにするつもりだった」

島風「なぁーんだ、はい、返すね」

提督「お、おう」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:10:41.23 ID:dZDBlS1i0
島風「提督、仕事終わったらかけっこ約束だから!」

提督「はいはい」

提督「しかしなんだったんだあいつ、少し怖かったぞ、少しだけ」

提督「にしてもこれどうしようかなまじで、優しそうな人に土下座して頼もうかな」

金剛「提督ぅー!!」

提督「いま悩んでるからあっちいってて」

金剛「そ、そんなぁひどいデース!…ん?提督それなんデスカー?」

提督「さぁ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:11:24.29 ID:dZDBlS1i0
金剛「私気になりマース!」

提督「千反田 えるかよ」

金剛「え?」

提督「あ、いやなんでもない、それよりなんか用があったのでは?」

金剛「暇潰しに提督に会いにきたのデース!」

提督「帰れ帰れ」

金剛「提督最近私に冷たいデース…」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:21:06.66 ID:dZDBlS1i0
提督「ってのは冗談で、いま仕事中だしまた後からなら」

金剛「ホントデスカー!?」

提督「ホントホントんじゃまた後でな」

金剛「オッケーデース!」


提督「いつもあのテンションってすごいな尊敬するわ」

提督「おっと、仕事しなくちゃ、徹夜は勘弁だぞ」

コンコン コンコン

提督「誰だよ・・・」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:29:09.28 ID:dZDBlS1i0
時雨「やぁ提督」

提督「やぁ」

時雨「話があるんだけど・・・いいかな?」

提督「今仕事中」

時雨「ホント?仕事してるようには見えないけど」

提督「今から始めようとしてたんだ」

時雨「そっか・・・提督、これはなんだい?」

提督「ん?・・・はっ!返せ!」

時雨「それは本部からの手紙だよね?」

提督「時雨、君が今から言うこと当ててみせよう」

提督「時雨「それにはなんて書いてあるんだい?」」

提督「ふっ」

時雨「うん、当たってるよ」

提督「はっはっはっ!」

時雨「本部からの通達は誰でも気になるよ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:33:25.15 ID:dZDBlS1i0
提督「だがしかし、これは重要機密事項なのだ」

提督「教えるわけにはいかない」

時雨「そっか・・・」ショボン

提督「・・・仕方ないな、特別に時雨だけに教えてやろう」

時雨「ボクだけに?」

提督「ああぁそうだ」

時雨「えへへ。なんかうれしいな」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:43:12.63 ID:dZDBlS1i0
提督「本部から練度の高い艦娘とケッコンカッコカリをしステータスを上昇させろってさ」

時雨「提督」

提督「ん?」

時雨「ボクもう練度高いよね?」

提督「まぁ時雨は俺が着任した時からいたしな」

提督「みんなによりは高いと思うぞ」

時雨「ボクとしようよ」

提督「なにを?」

時雨「ケッコンさ」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:47:38.05 ID:dZDBlS1i0
提督「おうふ」

時雨「ボクとじゃ嫌なの?」

提督「んー、嫌じゃないよ?」

提督「でもなぁ・・・」

時雨「ボクは嫌じゃないよ、提督と結ばれたいって願望前からあったから」

提督「ストレートだねキミィ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:56:22.01 ID:dZDBlS1i0
時雨「ずっと提督の見てたんだよ、ずっと提督のこと思ってたんだよ」

提督「おお、それはそれは、ども」

時雨「ふざけてるの?ボクは本気だよ」

提督「まじっすか?」

時雨「うん、提督もボクのこと好きだよね?」

提督「もちろん」

時雨「じゃぁ決まりだね」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 20:09:15.12 ID:dZDBlS1i0
提督「ちょ、話進めるなよ」

提督「確かに好きだがそれは部下としてだよ」

時雨「・・・そうなんだ」

提督「あぁ」

時雨「そっか、そっか」

時雨「ふふふ、提督がボクのこと好きじゃないわけないよ」

提督「へ?」

時雨「だってボクはこんなにも提督のことが好きなのにおかしいよ」

提督「(目のハイライトが消えてる、これはやヴぁい)」

提督「おっと、なんかトイレしたくなったなぁ」

時雨「えへへ、提督」ダキッ

提督「痛い痛いって」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 20:12:27.67 ID:dZDBlS1i0
時雨「ボクの部屋に行こ?」

時雨「提督とたくさんお話がしたんだ」

時雨「最近の提督、仕事仕事でなかなか構ってもらえなかったからね」

提督「いやそれよりトイレ行かせて」

時雨「逃げるの?ボクが嫌いだから?」

提督「ちがうちがう、必ず戻ってくるから約束するか放して」

時雨「ホント?」

提督「おう!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 20:15:22.93 ID:dZDBlS1i0
提督「じゃ行ってくるわ!」

時雨「戻ってきてね、待ってるから」

提督「約束は守る、それが男だ」

時雨「うん!」



提督「やっと逃げれたぜ」

提督「次時雨と会うの怖いなぁ」

提督「んまぁいいか」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 20:54:21.95 ID:TvwaFNnIo
提督はなんで毎度地雷を埋めるんですかね

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:30:51.05 ID:dZDBlS1i0
提督「早く仕事終わらせないとな」

提督「この紙は危ない、見なかったことにして早急に処分だな」

鈴谷「なにを処分するの?」

提督「ん?本部から新たな命令が来てるんだよ」

鈴谷「へぇ~どんな?」

提督「練度が高い艦娘とケッコンカッコカリしろってさ」

鈴谷「おぉー!提督ケッコンすんの!?もちろん鈴谷とだよね!」

提督「しまった・・・」

鈴谷「やるじゃん!」

提督「いやお前とはしないけどね」

鈴谷「めっちゃ傷ついたわぁ」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:41:25.24 ID:dZDBlS1i0
提督「俺仕事残ってるんで、さらば!」タタタ

鈴谷「あ、ちょっ!提督待って!」

提督「なんだよしつこいな」

鈴谷「誰とするか気になるじゃん!教えてよ!」

提督「誰ともしないわ」

鈴谷「えー、つまんないじゃん」

提督「どうしろと」

鈴谷「こういう時は鈴谷におっまかせ!」

提督「(無視)そういえば熊野は?」

鈴谷「熊野ならエステ行ってるよー!って無視しないでよ!」

提督「そかそか」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 21:50:09.17 ID:dZDBlS1i0
提督「今日は疲れたぁ、仕事は明日に回すか」

提督「風呂入ってくるか」

榛名「榛名がお背中流します!」

提督「それはありがたい」

榛名「はい!榛名は提督のためならなんだってします!」

提督「・・・いつからこの部屋に?」

榛名「提督がお姉さまと話してた時からずっと隠れてみてましたよ!」

提督「まじかよこわ」

榛名「そんなうれしいだなんてっ///」

榛名「提督だめですっ///そ、そこ触っちゃっ///!」

提督「妄想の世界に入っちゃったか。だめだこいつなんとかしないと」






29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:43:15.24 ID:73qS40KH0
提督「つか自分の部屋に戻れよ」

榛名「榛名は提督と一心同体!一秒たりとも離れません!」

提督「やめて気持ち悪い」

榛名「ひ、ひどいです!榛名だって傷つきますよ!?」

提督「え、傷つくの?」

榛名「傷つきますよ!」

榛名「提督はサディストなんですね、榛名と気が合いますっ///」

提督「意味わからん」

提督「つか俺寝たいからさぁ、はやくもどってよ」




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:51:59.95 ID:73qS40KH0
榛名「それなら榛名が添い寝s...提督「添い寝はいらん」」

榛名「なんでですか!?」ツカミッ

提督「ちょ、掴むな。あと近い」

榛名「いやです!提督と添い寝するまで離れませんからっ!」

提督「憲兵さぁーん」

榛名「憲兵さんならもういませんよ?榛名がやっつけちゃいました」テレッ

提督「なんやて・・・」

榛名「ささっ、早くベッド行きましょう!」

提督「や、やめろ!離せコラ!」

榛名「往生際が悪いですね、無理にでもっ!」

コンコン コンコン

提督「!?誰かわからんが助けてくれ!」

ハイッテイイノカイ?

提督「ほよ!」

榛名「だめです!提督はこれから榛名と添い寝するんですから!」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:03:48.24 ID:73qS40KH0
ハイルネ

ガチャ

提督「キミ!このくっつき虫榛名を早く離してくr・・・し、時雨えええええええええええ!」

時雨「提督、ボクずっと待ってたのに来なかったね」

時雨「約束破る提督にはお仕置きが必要だね」

榛名「なにかしたんですか?」

提督「うん、まあぁちょっとね」

榛名「時雨さんの目、おくしいですね」

提督「ああいう目をした女の子が目の前にいたらすぐに逃げないと死ぬ」

榛名「そうなんですか、時雨さん!」

時雨「早く提督からどきなよ」

時雨「提督嫌がってるじゃないか」

提督「そうだぞ、早く離れなさい」

榛名「は、はぃ・・・」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:05:07.57 ID:73qS40KH0
すみません誤字いくつかありました

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/28(土) 02:09:22.13 ID:h066aR1K0
提督「さ、榛名は早く部屋戻れ」

榛名「でも榛名は…提督と…」

提督「時雨が怒ってるだろ?お前がいたら火に油を注ぐだけだ」

榛名「っ…はぃ」

時雨「話は済んだかい?」

提督「時雨ちゃん怒ってる?」

時雨「今までに無いくらい…ね」

提督「くそ!俺の時雨ちゃんをこんなに怒らせたのはどこのどいつだ!」

時雨「提督だよ」

提督「お、俺か…照れるよ」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/28(土) 22:03:08.11 ID:h066aR1K0
時雨「えへへ、提督・・・ボクとひとつになろ?」

提督「ハハハ、何を言ってる。俺と時雨はもうひとつだろ!」

時雨「心の話じゃないよ、体だよ?」

提督「心も体もお前とひとつじゃないがな」ハハハ

時雨「・・・」イラッ

提督「うそだよ時雨。約束破ってごめんな?」ダキッ

時雨「!・・・うん、許すよ。でもボク提督とひとつになりたいんだ」

提督「ああぁ、俺の部屋・・・行くか」

時雨「うんっ!えへへ」

提督「っとでも言うと思ったか!油断大敵だぞ時雨!では、アデュー!」バイバイキーン

時雨「・・・」

時雨「ふ、ふふふ、あははは!二回も破ったね提督」

時雨「もう・・・許さないよ」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/28(土) 22:32:55.17 ID:h066aR1K0
提督「ここまでこれば大丈夫か」ハァハァ

提督「どうしよう自室に戻れない」

提督「誰かの部屋借りようかな・・・」

榛名「榛名の部屋でよろしければっ///」

提督「お前まだいたのかよ」

提督「言うこと聞かない子は嫌いです」

榛名「提督、ここよく見てください」

提督「ん?・・・あ。ここお前の部屋か」

榛名「そうですよ!」

提督「すまんすまん」

榛名「もしかして榛名に会いに来たんですか!?」パァ

提督「なわけ」

榛名「うぅ」シュン

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 21:33:03.51 ID:JlEoyw160
提督「どこで寝ようか・・・んー」

榛名「榛名の部屋で寝ましょう!」

提督「そうするしかないのか」

榛名「はい!」

提督「お前の部屋で眠ると貞操の危機が・・・」

榛名「大丈夫です、榛名はなにもしませんからっ!」

提督「やっぱほかの艦娘の部屋で寝よ」

榛名「だーめです!」グイッ

提督「放せ!俺はまだ童貞でいたいんだ!」

榛名「榛名は何もしませんって!」

提督「ほう」

榛名「ん?」

提督「おk、信じるよ」

榛名「いいんですか?」

提督「貴様を信じてみようではないか」

榛名「はい!」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 21:40:08.40 ID:JlEoyw160
提督「おー、お前の部屋以外にきれいだな」

榛名「毎日掃除してますから」

榛名「それより提督、榛名と一緒にお風呂でも///」

提督「あ、もう入ってきた」

榛名「そんなぁ」シュン

提督「入ってなくても一緒には入らないけどね」

榛名「泣いていいですか?」ウル

提督「泣くならあっちで泣いてな」

榛名「提督冷たいです・・・」

提督「榛名をからかうのが好きなだけだよ」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 22:03:27.61 ID:JlEoyw160
提督「ふわぁ、眠い」

榛名「提督ぅ♪」

提督「つかなに抱きついてんだよ離れろよ」

榛名「いやんっ」

提督「・・・もう他の艦娘のとこいくわ」

榛名「だめです」ギュッ

提督「嘘だから離れて」

榛名「いやです」ダキッ

提督「もう俺の息子が限界なのだが」

提督「胸当たってるし」

榛名「当ててるんですよっ」

提督「なぬ」

榛名「早く狼になって榛名をめちゃくちゃにして下さい///」

提督「今日は満月じゃないから狼にはなれないな、残念」

榛名「そういう意味じゃないです!」

提督「お願い寝かせて、書類明日やらないといけないんだ」



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 22:12:55.55 ID:JlEoyw160
提督「俺寝るからお前は自分のベッド行け」

榛名「提督はどこで寝るんですか?」

提督「床」

榛名「だめです!提督がベッドで寝るべきです!」

提督「お前はどうすんの?」

榛名「もちろん榛名も提督にお供します」

提督「やっぱ床でいいわ」

榛名「なら榛名も床で」

提督「・・・ベッド行きますか」

榛名「はい!」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 22:19:07.83 ID:JlEoyw160
榛名「えへへ、提督あったかいです」

提督「ちょ、顔近い」

榛名「あぁんっ!」

提督「変な声出すなよ」

榛名「だってぇ、榛名のあそこに提督のものが・・・///」

提督「はぁ?」

榛名「当たってるんです///」

提督「なんやて」

提督(静まれ我が息子よ)

榛名「もっと当ててくださいっ///」

提督「ちょ、やめ、俺の息子を触るな!」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 22:23:30.27 ID:rBLrol1m0
昔は好意をむしる主人公とか嫌いだったがこの提督の避け方は好きだな

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 22:54:16.08 ID:JlEoyw160
榛名「提督、榛名は眠くなってきました」

提督「そうかそうか」

榛名「Zzz」

提督「ん?寝たのか?榛名ー」

榛名「Zzzz]

提督「寝たか」

提督「よぉーし、悪戯しちゃうか!」

提督「普通の男ならするところだが俺は提督、提督なのだ」

提督「俺も寝るか、今日はいろいろあって疲れた・・・Zzzz」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 23:04:26.15 ID:JlEoyw160
すみません少しエ□ありましたね

あ、そういえば一年前に書いたss 男「これが寝取られか」の続き書くの忘れてて
このss完結させたらさっきのssの続き書いていきたいと思います。

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/18(土) 23:43:04.99 ID:c0fg8Nr90
太陽「朝ですぞ」

榛名「ふわぁ、おはようございます提督」

提督「Zzzz」スヤスヤ

榛名「まだ眠ってるんですね」

榛名「・・・」ジー

榛名「提督の寝顔・・・素敵ですっ」ハァハァ

榛名「ちょ、ちょっとだけなら・・・」ハァハァ

提督「朝っぱらからなにしてんの」

榛名「ひゃぁ!?い、いえ提督の寝顔があまりにも素敵だったのでつい・・・///」

提督「ほーん」

提督「朝ごはん食べに行くぞ」

榛名「は、はい!」

元ネタ
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1426/14264/1426499780.html